毛穴ケアの方法について。間違った毛穴対策で黒ずみや開きを悪化させていませんか。

毛穴ケアのNG

毛穴ケアでやってはダメなことで、勘違いされやすいのが洗顔とパックです。

毛穴の汚れが気になるからと、何度も洗顔をしたり、ゴシゴシこすったりしてはいけません。

必要な皮脂まで取り過ぎて、よけいに皮脂が分泌されやすい肌になってしまったり、肌が傷ついてトラブルの原因になったりします。

スクラブ洗顔やピーリングなども控えた方がいいでしょう。

肌を傷つけるということで言えば、毛穴パックも危険です。

剥がすときに角質まで傷つけてしまいます。

もちろん爪で汚れを押しだそうとするのも絶対にやめましょう。

刺激で肌が炎症をおこしたり、傷になって、悪ければ跡が残ってしまうことも。

また、無理に汚れを押しだしたあとの毛穴に、さらに余分な皮脂や角質、ほこりなどがたまってしまいます。

メイクの時に気をつけたいのは、ファンデーションを厚塗りしないことです。

清潔、保湿、新陳代謝を上げる。

これが毛穴ケアの基本です。

無理に毛穴にストレスをあたえず、自然に状態が改善されるように根気よくケアしていきましょう。